黒いスリットの家

bar
岡山市内に計画された二世帯住宅である。敷地周辺は準工業地域の為、大きな幹線道路や工場がある住宅地で、形状は南北に伸びる形であった。
敷地内北側には既存の住居があるため、採光と動線に配慮する必要があった。
そこで私たちは中庭を介した分棟形式を基本としてデザインを始めた。
二世帯であること、採光、部屋の性格の差を考慮して検討を進める内に、結果として分棟形式からさらに発展させ、分室形式とした。外観では部屋の大きさでスリット窓が切られている。

bar
黒いスリットの家 H-house(竣工:2011)


敷地:岡山市南区
設計:スリーボールカスケード
担当: 佐野隼一朗・玉生啓一
構造設計::多田脩二
構造:鉄骨造 二階建て
施工:河野建設
床面積: 200 sqm


location: Okayama
site area: — sqm
total area: — sqm
constructor: –
structure: timber
structure engineer:–
max. height: –
stories: –